♡ 40代女性に必要なスキンケアって?

高い保水力!グリコシルトレハロースの働きとは?

米肌(まいはだ)シリーズの重要成分「グリコシルトレハロース」について調べてみました。

グリコシルトレハロースはトウモロコシのデンプンから作られる天然の糖で、高い保水力があるそうなんです。

植物由来グリコシルトレハロースの保水パワー

「グリコシル」とはたんぱく質などに不可する反応のことで、「トレハロース」とはトウモロコシやジャガイモから作られる糖のこと。

トウモロコシが原料のコーンスターチや、ジャガイモが原料の片栗粉で、スープにとろみをつけることがありますよね。あれがトレハロースの保水力を利用した例だそう。イメージ湧くなあ。

グリコシルトレハロースを含む植物「イワヒバ」は「復活草」という呼ばれ方もします。イワヒバは、砂漠や岩場などに自生しているシダ植物で、日本では盆栽として人気ですが、乾燥すると枯れたように丸くなります。

イワヒバはそんな乾燥してしまった状態で長期間経っても、水を与えると驚異的に復活するんだって!

だから復活草と呼ばれていて、これはイワヒバに含まれるグリコシルトレハロースの保水パワーが関係していると考えられています。

そんなグリコシルトレハロースの保水力をいかそうと、KOSE米肌(まいはだ)シリーズで配合されているというわけ。乾燥や紫外線のダメージから細胞を守り、肌を保護する効果が期待されます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です